家族と同じペットのために供養や火葬をしてあげましょう

葬儀を行う際にはしっかりと段取りを確認
  • 方法もさまざま

       

    昔は家の庭に埋葬することが多かったペット供養ですが、最近ではペット火葬業者に依頼して火葬という形で供養する方が増えてきました。合同火葬や個別火葬と、火葬にも種類があるので希望する火葬方法を選びましょう。

  • 家族の一員

    ペットを飼う家庭が多くなってきています。ペットは家族の一員として大切にされているでしょう。そのため死んでしまった時に供養してあげたいという方が増えています。ペット供養は様々な形があります。

    詳細はこちら

  • 火葬

    ペット火葬という供養方法があります。火葬後にお骨を拾い、自宅に持って帰ることや、納骨堂においてもらうこともできます。またお墓に埋葬する場合もあります。もしペット火葬を希望するなら口コミなどを利用し、大切な家族のために良い業者を探しましょう。

    詳細はこちら

大切なペット

ワンちゃんの歩きたいという気持ちをサポートしませんか?犬の車椅子を販売しているこちらなら、ワンちゃんが散歩を楽しめるようになります。

家族の一員であるペットに与えるグッズは通販で購入しませんか?ペット用品を通販サイトで購入するならこちらまで。

ペット供養という考え方

 動物を飼う以上、いつかはその日が訪れるのを覚悟しなくてはなりませんが、やはり家族同然のペットが亡くなることは言葉に表せない悲しみとなります。しかし一生懸命生きてくれたからこそ、最後は心を込めて見送りたいものです。 ペット供養という考え方は、いまや動物を飼う飼い主さんにかなり認知されるようになりました。実際それを手がける業者も増え、供養のためのさまざまなサービスをおこなっています。 ペット供養をしたいときは、ペット葬儀屋に電話するとすべての段取りをしてくれます。業者によっては取扱いはいろいろありますが、本格的なところではお通夜から葬式、火葬へと、ほとんど人間の葬儀に近い形で進んでいきます。それらも含めて、問い合わせて内容を確認してみると良いでしょう。

飼い主さんの心にとって

 ペット供養は飼い主さんの心にとってもとても重要なことです。ペットロス症候群という、愛するペットを失ったことによる症状がありますが、これが長引くと生活自体に支障を及ぼす恐れがあり、ときには第三者の支えが必要になったりもします。 ペット供養は、そういった哀しみに暮れる飼い主さんの心に一区切りをつけるという意味では、非常に有用とされています。実際、ペット供養をおこなったことで、そういった心身の乱れが取り除かれたという方も大勢いますし、少なくとも「ご主人様のところで飼われてよかった」と天国に旅立つペットは幸せを感じてくれることでしょう。 ペット供養をおこなう業者は、なによりも飼い主さんの心を優先してくれますので、飼い主さんのあらゆる要望にも応えてくれます。

ふわふわの毛が特徴的なポメラニアンはまんまるお目目が愛らしい小型犬です。子犬の購入を希望しているならブリーダー探しを始めましょう。